家づくりのイメージが無い、

または浮かばないと思っている人や、

これから家づくりを考えている人、

家づくりについて具体的にイメージ

できない人は情報収集をすることで一気に

リアルになるということを前回お伝え

しました。

 

本記事では情報収集の方法で僕が

一番イメージ作りに効果的だと思った

方法を紹介したいと思います。

家づくりイメージの情報収集はモデルハウス見学が最強

家づくりをイメージするためのおすすめな情報の仕入れ方1

本屋さんに行ったり、コンビニに行っても

たくさん家に関する雑誌などは売っていて、

よくよく中身を見てみると相当お洒落な

格好いい家がたくさん載っていたりします。

 

『百聞は一見にしかず。』

とはよく言ったもので、

このような良い情報がたくさん溢れている

雑誌や本でもほとんどがただ眺めている

だけになりがちです。

 

雑誌や本を100回見るよりも

モデルハウスを1回訪問する方が絶対

ためになる。

 

僕はどんなかっこいい情報雑誌をみるよりも

モデルハウスを1回訪問することの方が

よほどリアルに家づくりについて

考えることができると思っています。

 

 

 

モデルハウス見学で得られる情報やメリット

家づくりに対する現実味が一気に増す

なんといってもこれが一番大事です。

ネットや雑誌でいくらかっこいい家を

眺めても本気で家づくりをしようと

思わないと家は建ちません。

 

今まで家が欲しいなぁとぽやっと

思っていたことが具体的に行動に移る

きっかけになりやすいのがモデルハウス見学

です。

 

別のパターンでは友達が家を建てたから

遊びに行ったらいいなって感じて自分も

家づくりを始めたいと思った人は

世の中にはたくさんいることだと思います。

 

これは全て現実味の問題です。

現実味を増した時、物事は一気に

動き出します。

 

いい家の形が見つからなかったとしても

モデルハウスを見ることによって自分なら

どんな家づくりをしようかと以前よりも

具体的に考えられるだけでモデルハウス見学

の価値は十分にあります。

 

 

モデルハウスだと違いを肌で感じることができる

ネットや雑誌では質感などはやはり分かり

にくいし、想像することしか出来ませんが、

実物に触れたり実際に見ることができると、

それが好きかどうか、さらに必要かどうかを

より具体的に考えることができるように

なります。

 

 

自分の予算でできる家づくりのイメージが掴みやすい

モデルハウスは実際にこれから誰かが

住む家のことが多いので、実際に

モデルハウスを見せてもらうことができる

と、ざっくりと経済的な部分から

照らし合わせながら考えることができます。

 

予算が全く決まっていなかったとしても、

月々の支払いがいくらになるのかという

毎月の家賃的な感覚で考えることもできる

というわけです。

 

 

 

まとめ

家づくりのイメージをするための

おすすめな情報の仕入れ方は

モデルハウスだということ。

そしてモデルハウス見学で得られる

情報やメリットについて説明しました。

 

どんな家のイメージかというのも非常に

大事なんですが、メリットの1つにあげた

現実味を増すという部分は非常に大事だと

思います。

 

何かをやる、家を建てる、そのうちやると

いった『やるやる詐欺』になりがち

なのが人間ですが、

その大きな原因は現実味がないということ

非常に多かったりします。

 

本や、インターネットではあまり

この現実味を膨らませるということが

難しいので、それならばいっそのこと

いきなりモデルハウス見学にいって

情報を少ない時間で大量に得て、

なおかつ家を建てるという現実味も

付いてくる情報の仕入れ方の方が

とても効率的だと思うので

僕はモデルハウス見学をおすすめします!

おすすめの記事