キッチンの水栓が自動か手動かについて

迷われている方は多いのではないでしょうか。

タッチレス水栓は最近特に性能がグンと

良くなって価格も安くなったことから

導入を検討する方は多くなってきています。

 

ただ、便利そうに見えるけど実際のところ

本当に必要なのか?導入するためには

メリットとデメリットをしっかり把握する

必要がありますのでさっそく

メリットとデメリットを説明して

いきたいと思います!

タッチレス自動水栓とは?

タッチレス水栓のメリットとデメリット

そもそもキッチンのタッチレス自動水栓と

言われてピンとくるでしょうか?

僕は家を建てるためにキッチンを

どんな感じにしようか色々と見るまでは

タッチレス水栓について全く形すら

知りませんでしたしどういうものかも

分かりませんでした。

 

このような画像のものをタッチレス水栓と

呼びます。

男子なら分かるとは思いますが、トイレの

小をする際に目の前についている赤外線の

アレです。手をかざすと水が流れるし

体をよけても水が流れるアレと要は同じ。

 

ではメリットとデメリットについて

説明していきたいと思います!

 

 

タッチレス水栓のメリット

触れずに水が出せる&止めれる

タッチレス水栓のメリットとデメリット2

もはや当たり前すぎてメリットと

いっていいのか不明ですが、タッチレス

水栓は触れないで水を出せるし止めれる!

 

タッチレス水栓の基本中の基本。

手や肘などをかざすだけでOK!

でも『触れなくてよい』というのは、

水栓を動かす手間がなくていいという

当たり前のメリットよりは、

触れない副産物として

他にも様々なメリットを生むので

そっちがほぼメインのように感じます。

 

 

無駄に汚さなくてすむ

特に調理中に水が欲しい時ってたくさん

あると思います。

僕もかなり料理をやる方なので感じますが、

手が明らかに油まみれだったりするのに

水が必要な時。

 

これは油まみれだろうが何だろうが

水を得るために水栓レバーを触るのです。

最後に掃除すればいいのですが、

そもそも触りたくないのに水を出すのに

1回、止めるのに1回の計2回も一度に

水を出す際に水栓レバーを触る必要がある

のです。

 

考えてみて欲しいのですが、水が必要な

場面は料理中に数え切れない程あります。

そういう場面で無駄に汚したくないと

考えている人にとってはタッチレス水栓は

最高なんですね。

 

 

水栓の根元が水垢で汚れにくい

水栓を濡れた手で触るわけですから、

手をつたって水滴が水栓レバーに

バシャバシャかかっています。

 

手動水栓の家でよほど気をつけない限り

水栓レバーにガツガツ水は滴っているはず。

 

1日の最後にシンクを洗うか、もしくは

大掃除の際に気がつくかもしれませんが、

水垢汚れは多少なりとも発生していること

でしょう。

しかも、水栓の根元は特に水垢がひどい!

 

その原因は水が濡れた手から水栓レバーに

移り、最後は水栓レバーの根元に溜まるから

なんですね。

 

先程の無駄に汚さなくてすむという部分と

リンクする部分がありますが、使い勝手だけ

ではなく掃除のしやすさや維持管理という

目線も設備に関する目線では非常に

重要な項目だと僕は思います。

 

 

 

タッチレス水栓のデメリット

意図しないところで水が出る&止まる

本当は水を出す気なんて全然なかったのに

勝手にセンサーがひろっちゃって水が

出たり、もしくはまだ水が必要なのに

勝手に止まっちゃったりというのは

意外にも慣れてきた後でもけっこうあります。

これに対してイライラしてしまう人

はけっこう厳しいかもしれません。

 

 

センサーの反応に対するストレス

メーカーで個人差はあるそうですが、

どうやらセンサーの反応速度が速いものと

遅いものがあるようです。

 

つまり、水を出したくて手をかざしたのに

水が出ないということでもう一度手を

かざしたら水が少しでて速攻で止まる

というセンサーの反応の遅さによるミス。

 

これは実際に水を出すところを見た方が

いいと思います。

メーカーごとにけっこう違うときくので

実際に水を出してみたいという相談を

担当者にされてみることをおすすめします。

 

 

停電時の対策

電気で水が出たり止まったりするため、

停電時の対策が必要みたいですね。

対策といっても手動に切り替える方法が

分かっていればそれでいいのです。

 

意外にも手動に切り替えることは日常で

よくあるので使い始めの頃からおそらく

マスターすると思われるのでここは

デメリットに一応書きましたが問題

ないでしょう。

 

 

本当に必要なのか?

今までタッチレス水栓でなかった人は特に

思うのかもしれませんが、本当にいるの?

という部分ですね。

 

僕の家はキッチンがタカラスタンダードで

タッチレス水栓のオプション自体は

約4万円程度でした。

 

僕は絶対に必要だと主張していましたが、

妻は最初から「全く必要ない。」の

一点張りだったし、説明してくれた

ガイドさんも妻と同意見みたいでした…。

 

タカラでは値段の差額が4万円だったので

僕はつけたのですが、実際これが10万円や

もっと高くなってしまうとなると正直

つけたかどうか迷っていたとは思います。

 

 

 

まとめ

タッチレス水栓についてのメリットと

デメリットは分かって頂けたでしょうか。

 

僕個人の意見をいえば、絶対付けたかったし

付けて良かったと思います。

一番付けて良かったと思った点は水垢で水栓

付近が汚れにくい点でした。

 

本当は料理中に便利だからとか言いたかった

んですけど、正直料理自体はなんとかなる

でも日々の掃除や維持管理に関しては

仕事や手間が増えると本当に疲れます。

 

だから僕は維持管理の点でタッチレス水栓

にしてよかったなと思っているというわけ

です!

最後までみて頂いてどうもありがとう

ございます!!

おすすめの記事